1190842
まとめ

蒲生氏郷公の黒漆塗燕尾形兜とBABYMETAL

0 0 0
蒲生氏郷蒲生氏郷(がもう うじさと)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。合戦の時、氏郷は黒漆塗燕尾形兜(通称銀鯰尾兜)を被っていたが、岩手県立博物館に所蔵されている兜は燕尾形であるにもかかわらず鯰尾形としている。この兜を伝えてきた南部家の宝物台帳に「鯰尾」と記載しているためであり、南部家の認識と現代的な兜の類型分けにズレがある。鯰尾形の兜は現代には伝わっておらず、氏郷が常用していたのは燕尾兜の方かもしれないとされる。蒲生氏郷続きを読む
Twitter Facebook Google hatena
COMMENT

残り文字数 0
PAGE TOP